スポンサーリンク
スポンサーリンク

俺たちのGENTOS!

2018913

台風21号と北海道胆振東部地震によって、被害にあわれた方に、心よりお見舞い申し上げます。

 

それが襲ったのはつい先週のこと。

大規模停電が話題となり、電気のありがたみを再確認しつつ、停電対策に注目が集まりました。

そして陳列棚から姿を消す「GENTOS」の製品たち。

スポンサーリンク

対策するなら「何日停電するか?」を想定すること

北海道の地震では、全道の電力供給がストップする『ブラックアウト』が話題になりました。

停電により経済もダウンしたので、予想されていたことを回避できなかった北電への、ネガティブな記事が炎上気味にアップされる状況ですけど、メイン復旧は約2日と早い対応でした。

しかし、現在も約220戸が停電となっております。

 

停電情報 - 北海道電力
北海道エリアで発生している停電情報をお知らせしています。

 

一方近畿地方では、台風21号の影響で電柱がなぎ倒された区域もあるし、現在も約2400戸が停電しています。

そういう情報は、地元ニュース以外で報じられることはほぼない。

たった一週間で「もう報じなくてええやろ」みたいな空気も、恐ろしいですね。

 

停電情報 [関西電力]
関西電力管内で発生している停電情報や過去の停電情報をお知らせします。

 

現在も停電が続く近畿地方のある地域は、台風通過から11日が経過しています。

 

「停電対策をしよう」といざ考えても、せいぜい2日くらいでしょう。

設備故障や供給ストップだけなら、そのくらいで大体なんとかなっています。

ただし、「周りの電柱が全て倒れてる」など、多くの電線が断線している状態なら、それだけで済むはずがありません。

 

2、3日なら備蓄でなんとかなります。でも一週間以上は、一家で対応できる範囲を超えています。

停電の影響外でバカ売れするGENTOSのLEDランタン

日本のどこかしらで災害が起きると、関係ない地域で食料・飲料水の買い占めや、災害対策グッズが売れる不思議。それを被災地に回そうとする意識はないのだろうか。

防災意識が全国でも高い(らしい)静岡県でも、その傾向はありました。

 

今回は北海道の大規模停電が話題だったため、「灯り」に関係するものに注目が集まったようで、乾電池の買い占めや、LEDライトが商品棚から消えさったとニュースで見ました。

そして「GENTOS」の製品がよく売れたと……。

俺たちのGENTOS!

「GENTOS」は1978年設立(途中で社名を現在に)。ライティング製品(照らすほう)を取り扱う企業。

夜釣りを嗜むアングラーにとって、相棒みたいなものです。かくいう私もGENTOSのヘッドライトを使っています。

釣りやキャンプのアウトドアはもちろんのこと、土木工事などでも活用され、トップクラスのシェアを誇ります。

 

GENTOS | ジェントス株式会社|LEDライト | デスクライト | バイクライト
ジェントスは、日本でトップシェアを誇るLEDライトメーカーです。照射能力にも耐久性にも優れたハイクオリティな商品を提供します。フラッシュライト、ヘッドライト、ランタンなど。

 

手持ちの懐中電灯、よく見るヘッドライトに、置けるランタンなど、LED照明だけで生き抜いている企業だから、いかに信頼を勝ち得ているのかがわかります。

オールインワンの手回し充電ラジオとLEDランタンがつよい

停電で最も不安になるのが、手持ちのモバイルデバイス達。情報を求めて触り続けると、半日も持たないのがほとんど。

モバイルバッテリーはスマフォなら2回はフル充電できるけど、ラップトップPCだと心もとない。放電しちゃったら給電できないので詰んでしまう。

ならばと太陽光給電もありますが、太陽が出ていないと意味がないデメリットも。

 

そんな時に役立つのが「手回し充電式」のもの。

このラジオは手回し充電ができるタイプ。USBソケットでスマフォに充電することもできるし、LEDライトも付いている欲張りパック。モバイルバッテリーも手回しタイプがあるにはあります、面倒すぎるけど。

これを防災袋に入れておけば、もしもの時に活躍してくれるでしょう。

 

発電機やPHV車から給電する方法もありますが、そういう状況なら、燃料(ガソリン)の供給もストップするだろうので多用は禁物。下手すれば立ち往生です。

実際に北海道の停電を乗り切った人の経験が一番ためになる件

今回の北海道地震で、ちょっと完璧すぎて怖いくらい、参考になったブログ記事はこちら。

 

北海道地震とそれに伴う39時間の停電を乗り切った時にあって良かったもの - らっこのじゆうちょう
9月6日 午前3時8分、「平成30年北海道胆振東部地震」が発生しました。その後、午前3時25分頃から全道でブラックアウトし停電が始まりました。停電。— Daigo Wakabayashi (@frnk) 2018年9月5日 我が家で停電が解消したのは約39時間後の9月7日18時30分頃でした。停電が始まってから39時間...

 

地震の揺れで、家がどの方向に揺れるかまで計算に入れているのは凄い。

私の住む地域は、駿河湾か南海トラフで巨大地震が起これば、南北気味で揺れるはずなので、そこに倒れやすい物は置かないようにしています。正解だったのね。

GENTOSのランタンは、夜長の釣りにも使えるし、持って損はないかと。

情報を得るにも何かと電気が必要なので、手回し充電タイプの”何か”は、用意しておくにこしたことはありません。

あとはそれらを備蓄しておくにも、何かの下敷きになりやすい場所は避けましょう。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生