【氷河期状態】今週末の気温がバグってませんかねぇ?

2017112tp111

年を通して高温が続いた後に来訪する最強の寒気

ヨーロッパに入り込んで路上で暮らす難民に死者が出たり、モスクワで今世紀最低気温を記録するなど、今回はちょっとわけが違うようだ。

日本の大勢には13日から影響がではじめ、本日から北海道から東北に寒気が入り込む予報。

「寒気=真冬の台風」みたいなものなので、暴風雪に注意していただきたい。

スポンサーリンク

「週末の釣りは無理だな」と聞いて

(またまたご冗談を……どうせ行くんだろう?)と感じつつ、天気予報を見てみると──

2017112tp112

浜松で「-4度」って何さ。

日中ですら2桁行かないところからすると、この日に出かけるともれなく体調不良がついてきそう。

この日の夜釣りと朝マヅメは、「ガイドが凍ってる(笑)」とツイートが乱舞しそうな予感。

”釣り始め”どころか納めてすらいない私。

去年から釣りをしていないのも、ある意味”快挙”といえる(約2ヶ月)

腰を据えて「やるぞー!」と始める予定もGW前までないわけで、暖かくなってから始動しようと思う。

プチ氷河期突入?

去年から騒がれていた太陽の活動周期やらなんやらで、今年からしばらくプチ氷河期に入る的なニュースは聞いている。

キバヤシが浮上してもおかしくない、いわゆる”異常気象”になる。

北極の寒さがそのまま入ってくるロシア~ヨーロッパでは、冒頭の通り被害がすでに出ている。

日本の予想天気図では、14日に北海道へ寒気がドンドコ入る配置。この日からしばらく冷え込むことになる。

こうなると「なるべく外に出ないでください」社畜に無茶振りしてくる政府だが、ちょうど週末なのでタイミング的にはいいかもしれない(慣れ)

週明けに風邪をこじらせないよう、防寒対策はしっかりしておくようにしましょう。

釣り場で安全に鍋を囲む方法

「寒気=強風」だから、外で火を使うのは危険といえる。そんな時、文明の利器を使う方法がある。

発電機を使えば、電気調理器や離れ業にコタツを使うこともできる。

シャープの水なし調理鍋「ホットクック」は、制御された電熱で、水なしでもコゲ付くことなく煮込み料理が可能な魔法の鍋。

”コゲ付かない”ってことは、「とにかく材料をぶち込めばいいやろ?」みたいにズボラな調理メンにうってつけ。

参考記事にあるように、管理できる電熱は、話題の低温調理にも向いている。

モバイルバッテリーを持つ人であれば、電熱カイロを繋げて使うのもアリ。

「充電式ヒーティングインナー」は待つ釣りでも極寒から手足を守ってくれるよ!
今冬は初春のような暖かさで、苦行の夜釣りも「それほどでもない」とまだ謙虚でいられる自分。 でも朝方の冷え込みがヤバイのは安定している。そう、前回の釣行で再認識した。 冬期の釣りが苦行たる理由は、「魚が掛からないと体温が上がる要素がないよね?」なスポーツだからである。...

電熱ベストなどもあるし充電池も発達しているので、過去よりも電気の力で防寒するのも格段に楽となっている。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【氷河期状態】今週末の気温がバグってませんかねぇ?
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク