雨の日の釣りはワークマンにおまかせ!

アウトドアのアウターウェアは、もうワークマンに全て委ねてもいいのでは? ……最近ガチでそう思える理由に、「無難なデザイン」「安いけど機能が充実」「財布にやさしい」などがあります。

雨が多い季節に突入して、今度は”防水シューズ”が話題になりました。頭のてっぺんから足の先まで、ワークマンの防水ギアで1万円ほどでキメることができます。やすい(語彙喪失)。 

圧される釣具用品を選ぶ利点は何か? それは安さで買えない機能性にあります。

スポンサーリンク

ワークマンの防水シューズがジメジメした梅雨を快適に

雨が続く憂鬱な季節である梅雨。意外と難しいのが足元の防水です。

長靴が簡単かつ安くすむ選択。でもダサいしタブついて歩きにくいし、普段使いは難しい。それが仕事ならなおさらです。もちろん防水の革靴もありますけど、防水スプレーでOKだし丈が短いのが弱点だしで、あまり意味がありません。

そんな折に「ワークマンの防水シューズが機能もデザインも良くて安い!」を推した記事を見かけました。

ワークマンの“防水シューズ”がデザインも機能も値段も素晴らしいと話題に「フェスに出向く人にもおすすめ」「パラディウムにそっくり」
ちょうどレインシューズ探していたので朗報…!!足デカでもサイズがあるからさらに素晴らしい

もうワークマンで買えないのは下着くらいじゃないかな、と思っています。

釣具メーカーとワークマンの防水シューズを比べてみた

釣具メーカーのシューズは、釣りをする状況に合わせた機能性がメリットです。メーカーはいろいろありますが、デザインと値段を頑張っている「ダイワ」を参照してみました。

DAIWA : DS‐2301QR‐HL - Web site
キュービックラジアルソール(スパイクレスモデル)搭載。軽量化・クッション性を追及。

その中でも、原宿ファッションに溶け込めそうな防水シューズがこちら。ラジアル底なので街歩きも安心です。──余裕で1万超えますけど。

釣用のシューズはポイントに合わせて靴底を選べます。岩場で滑らないためスパイク仕様がありますし、苔(こけ)で滑らないようフェルト底もあるし、砂浜でも歩きやすいようラジアル底もあります。

一方でワークマンの防水シューズはこちら。

6525 PVC防水シューズ [メーカー在庫品] [年1] | 作業着のワークマン公式オンラインストア
全国のワークマンでも販売しておりますが店舗によって在庫状況は異なりますのでお近くの店舗に行かれる際は店舗への在庫確認をい

簡潔にいえば「見た目がスニーカーっぽいけど長靴」の代物。1,500円という安さが魅力で、PVC素材で丈も長いし、外回りでも違和感がないシックなデザイン。穴が空かない限り防水ですね。

安くて防水ですし、釣り用に選択するのもやぶさかじゃない。──でも、これで滑りやすい磯や渓流にいくのはどうなの? と。

それぞれ「汎用or専門」でメリットを見い出すべき

安い商品はそれだけでも強みですが、アウトドアに使う以上、状況にあったアイテム選択をするべきです。探せば安いアウトドアシューズだってあります。

ワークマンの製品は安く、アウトドアと街歩きを汎用できますが、専門ではありません。なので魚釣りの中でも、堤防や土手など、足場が優しいポイントだけに対応します。これでで磯に行くとか、命知らずくらいでしょ。

釣具メーカーのシューズは、”普通”で困難な状況にも対応したカスタムが魅力です。

「これなら磯で滑らない!」とか「苔がはえた石も歩ける!」は、魚釣りの中でもニーズはごく一部。それでも必要とするアングラーがいるし、安全で楽しんで欲しい願いがカタチになっていますね。

釣り具メーカーのシューズはポイントに合わせた機能と安全が考えられている。
釣具メーカーの製品はやっぱり魚釣りのシーンに強い(当たり前)

アーバンスタイルなら安くてもいいけど、もっとハードなポイントを選択するなら、釣具メーカーの製品がベストになります。

だから安さに目がくらんで選択するのではなく、ポイントに必要なアイテムを選択できる目が必要です。そのためにメディアアングラーがいるわけだし、我々みたいなレビュアーもいるわけです。

スポンサーリンク

ワークマンで防水ランガンバッグは売ってないぞ!

帽子はもちろん、レインウェアの上下から足元まで、防水製品はワークマンで揃います。でも釣りに必要なアレがない……そう、釣具を収納するバッグです。

ランガンバッグは動きやすいし道具の許容量も潤沢。ロッドホルダーやカラビナをつけるD管があったりと、釣りをサポートする収納術が詰まった一品といえます。

──そこに防水が加わればもう無敵しょ? こればかりは他のアウトドアブランドでも補えません。

おすすめはアブガルシアの防水ワンショルダーバッグ。

ターポリン素材でチャック部の防水も完璧。汚れもつきにくいメリットがあります。何よりうれしいのは、背中に密着する箇所が滑りにくい素材になっているところ。

ショルダーバッグはキャスト時にズレやすいので、実際に試すメーカーならではの気遣いを感じます。

タイトルとURLをコピーしました