ルアー

キメラタイプのルアーに1つでもメリットを見出せば【ヘビーショット】

釣具屋のルアーコーナーを眺めて思うことが── 「どこか既視感を覚える”キメラタイプ”のルアー、最近多すぎない?」 私の”選ぶ基準”は「見た目の好み(釣れそう感)」。だけど、こう...
書籍

「つれづれダイアリー」を読むことで魚釣り初心者をゆうに脱却できる説

「魚釣り×女子高生」のイイ匂いがしそうなJKフィッシングライフマンガ、草野ほうき先生が描く「つれづれダイアリー」。このたび2巻が発売されました! 発売翌日に購入していましたが、色々あって読む...
タックル・小物

包丁が苦手でもハサミだけで魚を三枚卸しできちゃいますよ?

現代において魚を包丁で捌けない人はごまんといて、それが”嗜み”だった組は「えぇっ!? 包丁も満足に使えないのかい?」と笑う人もいる。 ……時代が違うんですよ。今は包丁がなくたって余裕に生活で...
スポンサーリンク
タックル・小物

紫外線を当てると硬化する接着剤「BONDIC」が便利そう

液体プラスチックを紫外線で硬化させる接着剤が、釣り具の修理に万能そう。 簡単にいえば、マッハで硬化するウレタンみたいなもの。 考えられる用途例とともに、便利な接着剤の「BONDIC」を...
タックル・小物

こぼれない弁当箱「フードマン」が釣りの弁当箱に向いている理由

ありそうでなかった── というか、ここまで完璧な”こぼれない”弁当箱は存在していなかったかもしれない。 ビジネスバッグに多い薄型カバンに縦置いても、中身がこぼれないし混ざら...
書籍

ソルトルアーメンでもバスフィッシングの雑誌は一度読んだほうがいい

「ソルトとフレッシュの釣りで何が違う?」 そう問われれば、”本質として同じ物であり変わらない”と答えます。 それぞれに傾倒する人であれば、「こっちが上!」と答えるかもしれません。 今回は...
ルアー

とうとう14cmまで育ち隙がますます無くなった「ジグパラブレード」

メタルジグではおそらく業界随一の種類と廉価を誇るMajorCraftのジグパラシリーズ。 その多さは、入社試験として「当社のジグパラシリーズを全て答えてください」と問われれば、8割はキレるか...
タックル・小物

こんな折りたたみバケツがあると片付け以外にも捗ります

釣りで使う「バケツ」には、アミバケツやバッカンがあるけど、容量がイマイチ。 「大は小を兼ねる」を君命にしているのかしらないが、「コンパクトorワガママ容量」の極端なサイズしかない気もする。 ...